二重の整形手術の種類

カウンセリング

美容整形外科で行なえる手術でよく行なわれているものは、目を二重にする手術です。そのため、名古屋などでも二重まぶたの整形手術を得意とする美容整形外科がいくつもあります。また、名古屋にある美容整形外科を多く掲載しているランキングサイトもみかけます。そのため、名古屋で二重まぶたの整形をしたいと思っている人の中にはどの美容整形外科に行こうかと悩んでしまうかと思います。そこで、二重まぶたの整形手術の種類とクリニックを選ぶときのコツを説明していくので、それを参考にしてください。
二重まぶたの整形手術は大きく分けて2種類あります。まずひとつ目は、埋没法です。埋没法とは、まぶたに小さな穴を開けてその中に何本かの糸を埋め込むことで、まぶたに二重の癖をつける手術方法です。埋没法は手軽で、安い値段でできることが魅力の手術です。まぶたに小さな穴を開けて手術をするので、手術後に傷があまり腫れることがなく、傷も目立ちにくいのです。また、まぶたを切って行なう切開法よりも手術の工程が少ないので、価格も安く済むのです。しかし、埋没法の手術をしたのに少し日が経ったら一重に戻ってしまったという人も多いです。その原因は、まぶたが厚く中に埋め込んだ糸がその重みに耐えきれなかったことにあるようです。もし、化粧品を使っても長時間二重を保てない人は、埋没法ではまた一重に戻ってしまう可能性もあるのです。そのため、診察のときには医師に相談するといいでしょう。埋没法で二重の整形手術を受けたいときには、美容整形外科専門のランキングサイトで、上位に表記されている名古屋の美容整形外科に診察に行ってみるといいかもしれません。ランキングサイトで上位に表記されているということは、それだけ実績があるということにもなります。そのため、安価で手術できる埋没法の手術を多くやっているのです。
ふたつ目のまぶたの整形手術は切開法です。切開法は、まぶたを切って皮膚を切り取ることで二重にする施術方法です。クリニックによっては切開したときに、まぶたにある脂肪を取ってくれるところもあります。切開法の手術は手術が終わった後に、傷が落ち着くまでに時間がかかります。そのため、周りに整形手術をしたとばれたくない人には向かない手術方法です。この切開法は、傷が治るまでに時間がかかりますが、まぶたの厚い人やまぶたに脂肪が多い人には長く効果の出る手術法です。なぜなら、まぶたにある脂肪や皮膚をとって縫合することで二重を作るからです。また、切開法はまぶたを切る位置によって二重のラインが変わってくるので、理想の二重のラインを手に入れることができます。切開法で手術を受けるときには、ランキングサイトで切開法でおすすめのクリニックが表示されるので、それを参考にするといいでしょう。
二重の整形手術は健康保険が適応される場合があります。それは、診察に来た人が眼瞼下垂と診断されたときです。眼瞼下垂はまぶたの上がりにくい状態のことです。これは筋肉を動かす神経に異常があったり、皮膚が弛んできたりすることで起こります。眼瞼下垂はそのほとんどが先天性の場合が多いです。形成外科で手術を受けることもできますが、美容整形外科なら手術のときに自分の理想の二重にしてくれることが多いのです。そのことから、美容整形外科で眼瞼下垂の手術を受ける人が多いのです。しかし、眼瞼下垂の手術で健康保険が適応されるのは切開法で行なう手術だけなので、注意が必要です。もし、自分で眼瞼下垂かと思っている人は、切開法の手術が得意なクリニックで診察をしてもらうといいでしょう。また、健康保険が適応できないクリニックもあるので、事前に確認をとることが必要です。

Copyright © 2017 名古屋で美容整形外科を探す方法|ランキングサイトを活用しよう All Rights Reserved.